FC2ブログ

ストリームデザインの日記

ストリームデザインが手掛けるルアーの説明をはじめ、ルアーや釣りにまつわるアレコレを語ります

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --    CM: --

GUPPY回顧録2 

こんにちは。ミブロの鈴木です。

前々回に引き続きGUPPYの開発について書いて行きます。

ルアーの開発方法って人によっても違うと思いますが、
私の場合、不具合の克服や見付けたバス(あの魚と呼んでます。)
を何とか釣り揚げる方法としてルアーを開発しています。


「あの魚」は、勿論、デカい場合もありますが、
溜まっているバスであったり、特殊な着場であったり、
季節であったりと結構明確なのですが・・・。


グッピー

少年時代より、必殺技への憧れもありますが十徳ナイフへの憧れも強く、
出来上がると何でも出来ちゃう、どうぞ好きなように使って下さい的な気持ちになるので、
余りルアーの説明をしませんでした。


しかし、今回は、ちゃんと開発の経緯から紹介させていただきます。


まず、初代グッピーを手削りした理由ですが、
最初にあったのは、ミノーシェイプでありながらパワー在る水流。

それから、高浮力と使いやすさでした。
また、私の場合ただ巻で釣れることも必須条件です。

何故?

高浮力に拘ったかというと、あくまで私の個人的な感想ですが、
リッピングに使うルアーでしっくりくる物が無かったからです。


ある物は、高浮力だけどデカくて軽いため、キャストがし難くかったり、
高浮力を謳うわりに浮いてこなかったりと自分に合いませんでした。


あと、この釣り方は、時期によっては凄く釣れるのに、
やってる人が少なかったのも創作意欲を掻き立てる原動力になっていました。


それから水流。

一番こだわった部分ですが、ボディ側面を流れる水流とテールを使った水流。


ミノーって、細身なので、側面を使った水の動きはあまり考えられないから、
あえてそこを気にすることで、今までと違う水流を生み出したかった。

また、テールを太くすることで、テールでも水をかかせることにしました。


ウエイトシステムは、ただ巻での使用も考えてダートロールと同じく離れた2点を支点にロール。

+リップを使い腹側のウエイトを支点に動きを考え初代グッピーには、
お腹に4gとテールに1.5gだったと思います。


そして、ここからテストの日々が続きます。

つづく


スポンサーサイト
TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。