FC2ブログ

ストリームデザインの日記

ストリームデザインが手掛けるルアーの説明をはじめ、ルアーや釣りにまつわるアレコレを語ります

 

西日本釣り博でお話したかった事 VOL.1 


こんにちは。ミブロの鈴木です。


新型コロナウイルスの感染拡大を受け、西日本釣り博の開催中止が発表されました。残念ではありますが、大勢の人が集まることの危険性を考えると致し方ないことだと思います。


楽しみにされていた方も大勢居らっしゃると思いますし、僕も楽しみにしていました。
お会いできた方々に、こんな事やあんな事を話そうとか色々と考えていましたので、そのことも含めてちょっとずつ書いて行こうかなぁと思います。


そんな感じでまず最初は、ミブロで発売するルアー達に込められた思いというか性能についてお話ししようと思います。ミブロのルアー達は、そのどれもに共通した性能とそのルアー各々に備わる尖った性能が備わっています。


まず、共通した部分は簡単に説明しますが、良く飛んで根掛かりし難いこと。これは、今のところ外せない性能です。今のところって言ったのは、スゲー根掛かるけどズバ抜けて釣れるなら商品化するかもしれないので逃げ道として。


ただ、これって基本性能に入れるにはちょっと大変なところも在ったりします。


本当に考えて、ルアーの事を良く知ってないと出来ないこともあります。本人は「別にっ」って感じかもしれませんが、コブラチャターの回避性能やチーターの飛距離なんて・・・。


コブラチャター1

チーター1


僕の知る限りボディ形状だけで躱すチャターベイトとしてだけでなく、根掛からないチャターベイトの元祖ではないかとも思っていますし、チーターの安定した飛行姿勢なんて・・・。


それがあったので、GUPPYをプラにする時も大分苦労しましたよ。
ただ、そのお陰で熊本発祥の「光速巻き」が生まれましたし(テトラやロックに超早巻きでぶつけて使う使い方)僕は、必殺技の様に「テトラダート」なんて呼び方もしてますwww


これ、熊本の某河川だけでなく福岡の筑後川でも効いた釣り方なので、全国にあるテトラ帯やロックエリアで試してほしいと思います。


今回は、ミブロルアーに共通する基本性能について書きましたが、ルアーそれぞれの尖った性能については、今後紹介していきたいと思います。

それでは~!!
スポンサーサイト



TB: 0    CM: 0

ミブロNEWルアー フルトリム(Full Trim)とは? 


こんにちは。ミブロの鈴木です。
やっと・・・。最終サンプルが出来上がりました!!


フルトリム1



もう10年近く前にウッドでサンプル作って・・・当時はウッドしか作ってなかったので、やはりウッドのばらつきにより断念していたモデルです。一番の特徴としましては、テールに装備したフィン。下向きに強い水流って出せないかなぁ?追っかけてくるけどUターンするバスに何とか口を使わせるトリガーにならないかと考えたのが最初ですが・・・。



フルトリム2


そのフィンを方向舵ではなく、ちゃんと水流が出るためのアクションにするためにジッターバグタイプのカップを使用しました。
また、結構トップ好きな私は、ただ巻だけじゃ物足りない。首振りは勿論、スプラッシュ、ダイブや早巻きなどなど・・・欲が出てしまいセッティングにかなり時間を費やしました。

これだけあればって事は無いのですが、これが在れば色々なことが出来ますので、何処へ行くにも凄く便利になるように考えてます。特に首振りに関しては、小さくちょこちょことテーブルターンの様な動きからドッグウォークまで使い分けが簡単に出来ると思います。



勿論、トップウォータを動かすのが苦手って人でもかなり簡単に動かせる仕様になってます。
ダイブに関しては、ちょっとコツが要りますが使ってる時にダイブするタイミングが分かると思いますので、試してみてください。


本当にやっと完成に近付いたルアーを眺めては、にやけている私です・・・。

ただ、めちゃくちゃ悔しかったのが・・・。全ての機能を即座に使い分け出来た人が一人居て・・・。しかも、ちょこちょこ動かすテーブルターンがめちゃ上手い。

この動きでは、Full Trimのボディ形状による側面で水を叩くアクションが効くのか、2人松原ダムでテストを行った時、最近では本当に珍しい「ドッカーン!?」という、派手な出方を連発するんですよ。



フルトリム3



テストですので、釣れる事は凄く嬉しいですし、このビックリするくらい派手な出方にも感激しました。しかし、なんか悔しい・・・。というか、自分で作ったルアーで僕より釣ってるし・・・。

早くトップの季節が来て欲しい。今度こそやっつけてやるでしょ!!


実物は、西日本釣り博でも展示しますので、是非見に来ていただけると幸いです。
発売まで、あともうしばらく掛かりますが、皆さん楽しみにしていてください!!
更に詳しい説明は、ブログやインスタライブでもする予定ですので、よろしくお願い致します。


TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード