FC2ブログ

ストリームデザインの日記

ストリームデザインが手掛けるルアーの説明をはじめ、ルアーや釣りにまつわるアレコレを語ります

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --    CM: --

GUPPY回顧録3 


こんにちは。ミブロの鈴木です。

前回からの続きになります。

出来上がったGUPPYは、高浮力でバルサの比重も販売されている中で
軽さで上位にランクされるS(木の断面で言うと外側)を使い、キビキビ泳ぐタイプでした。


販売された初代グッピーもこのタイプです。


回顧録1でも書きましたが、グッピーの開発に関しましては、
作ったけど販売までは考えていませんでした。


ただ、迷ピアニスト(中条さん)さんに販売予定のDAY2SHADとダートロールを
テストしていただく為の送る荷物に何と無く忍びこませました。


当時は、名前もなくミノークランクとだけ書いて送ったと思います。


勿論、DAY2もダートロールもかなり使い込んでいただき、
仕様変更も含め有意義なテストをしていただきましたが、
思いの外、気に入っていただけたのが、名もなきルアーGUPPYでした。


DAY2やダートロールでも、60UPを含め多くのバスを釣っていただきましたが、
GUPPYのテストでは、一味違う釣果だったらしいのです。


※写真は、今年2月の写真です。

guppy2018-2-20


話を聞くと琵琶湖の湖北エリアで、先行者にノーシンカーの4incワームを投げてもらい、
その後ろからGUPPYで流していく釣りをしたそうなのですが、
1流しで60UPを頭に55UP×2本と1バラシ。先行者は40UP×1本だったそうです。


私は、琵琶湖のことが分からないので、

「琵琶湖って凄いですねー!!」
「流石大物ハンターだなぁ。」

という反応しか出来ませんでしたが・・・。


「タカノリさん。このエリアは、
僕もノーシンカーかスイムジグでしか釣ったことの無いエリアなんですよ。」

「湖北での僕の釣りが変わりますよ!!」

と、言われた時は、ちょっと震えました。


「こんな水流を出すミノー形状のルアーがあったら」

から生まれたルアーに難しい魚が答えてくれた訳ですから、
開発者にとってこれほど嬉しいことはありません。


そうこうして、初代GUPPYが発売されるに至った訳ですが・・・。

次回は、インジェクションモデルをがっつり紹介しますねー。


TB: 0    CM: 1

GUPPY回顧録2 

こんにちは。ミブロの鈴木です。

前々回に引き続きGUPPYの開発について書いて行きます。

ルアーの開発方法って人によっても違うと思いますが、
私の場合、不具合の克服や見付けたバス(あの魚と呼んでます。)
を何とか釣り揚げる方法としてルアーを開発しています。


「あの魚」は、勿論、デカい場合もありますが、
溜まっているバスであったり、特殊な着場であったり、
季節であったりと結構明確なのですが・・・。


グッピー

少年時代より、必殺技への憧れもありますが十徳ナイフへの憧れも強く、
出来上がると何でも出来ちゃう、どうぞ好きなように使って下さい的な気持ちになるので、
余りルアーの説明をしませんでした。


しかし、今回は、ちゃんと開発の経緯から紹介させていただきます。


まず、初代グッピーを手削りした理由ですが、
最初にあったのは、ミノーシェイプでありながらパワー在る水流。

それから、高浮力と使いやすさでした。
また、私の場合ただ巻で釣れることも必須条件です。

何故?

高浮力に拘ったかというと、あくまで私の個人的な感想ですが、
リッピングに使うルアーでしっくりくる物が無かったからです。


ある物は、高浮力だけどデカくて軽いため、キャストがし難くかったり、
高浮力を謳うわりに浮いてこなかったりと自分に合いませんでした。


あと、この釣り方は、時期によっては凄く釣れるのに、
やってる人が少なかったのも創作意欲を掻き立てる原動力になっていました。


それから水流。

一番こだわった部分ですが、ボディ側面を流れる水流とテールを使った水流。


ミノーって、細身なので、側面を使った水の動きはあまり考えられないから、
あえてそこを気にすることで、今までと違う水流を生み出したかった。

また、テールを太くすることで、テールでも水をかかせることにしました。


ウエイトシステムは、ただ巻での使用も考えてダートロールと同じく離れた2点を支点にロール。

+リップを使い腹側のウエイトを支点に動きを考え初代グッピーには、
お腹に4gとテールに1.5gだったと思います。


そして、ここからテストの日々が続きます。

つづく


TB: 0    CM: 0

NOMADとグッピー 


こんにちは。ミブロの鈴木です。

ついにNOMADが全機種発売になりました。既にお手元に届かれた方も居ると思いますが、
ご質問をいただきましたので、ブログにしてみました。

「グッピーには、どの竿が良いですか?」と、いう質問ですが、私の場合は・・・。

ボート等で流し打ちをする場合C-68Mを使用します。
手返しもですが、キャストやトゥイッチなど操作性を重視する場合、非常に使いやすいです。

また、陸っぱりの場合はC-72MHを使うことが多いです。
特に大物を狙う場合や葦をかわして釣る時にも長さの優位性を実感できるからです。

momad&guppy12-9


しかし、ただパワーや長さだけの問題ではありません。

今回のNOMAD、飛距離も違います。
あと3m飛ばないかなぁ~なんて思っていた方には、凄くおすすめです。

また、強風の中でのキャストに強く、
飛距離とキャストコントロールのし易さに驚かれる方も居ると思います。

また、魚を掛けた時の粘りと入りが絶妙です。特に大物を掛けた時、
竿がガチっと固くなってラインブレイクしたり、針を伸ばされて
悔しい思いをされたことのある方には、是非、使って見てほしいです。

ほんの少しの差かもしれませんが、極限状態の中では、
その少しの差が大きなアドバンテージとなるからです。

それから、ストリームデザイン時代のグッピーも良いのですが、
今、製造にかかっているNEWグッピーは、更に飛距離がでます。

私の場合ですが、NOMAD+NEWグッピーは、
以前のモデルより、10m近く飛距離が伸びました。

これで、あの取水塔まで・・・。なんて妄想を膨らませています。

それでは、また~!!
TB: 0    CM: 0

GUPPY回顧録 

こんにちは。

やっと、GUPPYインジェクションモデルのセッティングも決まり、
その出来栄えにひとり悦に入っているミブロの鈴木です。

そんな夢心地の中「そういえば、グッピーってルアー説明ってしてたっけ?」
と聞かれ我に返る・・・。ほぼ釣果先行で、全くでした。

と、言うことで、今回から数回に分けてルアー説明や
開発秘話などを書いて行きます。


まず、このグッピーですが、発売までに相当数の魚を釣り上げました。

その事もあり、釣果報告先行で、ルアー説明が疎かになってしまった理由でもありますが、
その原因が悲しいのです。

それは、最初に手削りで作ったモデルを見て

「見た目がねー。」

「ミノーとして受入れ難い。」など、

ストリームデザインのスタッフから酷評を受けたため、
そやつらにグッピーの実力を示すためでした。

また、初代モデルはバルサに決めていましたので、
手削りサンプルのままに原木を作る(旋盤で加工します)と歪んだり、

細部が欠けてしまったりするので、形の変更を余儀なくされたことも、
発売が遅れた理由でもあります。


グッピー2017-11-21


下が、最初の手削りモデル。グッピーの名前の由来として、
グッピーに似ているからってのが一番ですが、
ミノー形状なのに水流をグッと掴んでピッと放つことから名付けました。

インジェクションモデルでは、ウッドでは再現出来なかった初代の形状を踏襲させることに成功し、
本当のGUPPYになったと思います。


裏話になりますが、開発当時は、DAY2SHADの発売に加え、ダートロールの制作が進んでおり、
GUPPYの発売は予定に入っていませんでした。

しかし、当時アングラーズチャンネルでコラムを書いていたことと、
謙太郎さんの紹介で知り合った迷ピアニストさん(中条さん)に琵琶湖での
ルアーテストをお願いしたことがきっかけで、発売までの期間が急激に短縮されることとなります。

つづく

TB: 0    CM: 0

NOMADスタイル 

こんにちは。ミブロの鈴木です。

やっと、NOMADの出荷(まずスピニングだけですが)が終わり、皆様にお披露目できました。

まだ、見られて無い方も多いと思いますが、是非、お店で触ってみてください。

タイトルにも書きましたNOMADスタイルですが、遠征やレンタルボート、
陸っぱりでも極力持ち運ぶ本数を減らしたい、

また遠征などで状況が分からない時、想定していた釣りが通用しない時でも、
守備範囲の広いNOMADならリールを付替える(ラインの変更・ナイロン→PEなど)だけで、
全く違う釣りに対応することで、本数を減らせるという考えです。

それから、NOMADに搭載された機能(デザイン)にネイキッドスタイルがあります。

バイクなどで余分な外装を省いたものがネイキッドと呼ばれますが、
同じく機能に関係ない無駄な物を潔く取っ払い、必要だと思うフックハンガー等は、
拘りに拘り実装しています。




ノマドS-63Lグリップ





スピニング リールセット フックハンガー2



自画自賛になっちゃいますが、これが見た目もカッコイイと思う訳です。

検品の時も2人して、「かっこいいよー」「良いよねー」を連発でしたから。

また、このネイキッドスタイルの機能性も注目してください。

NOMADは、スピニングもベイトもブランクスルーでグリップエンドまで、一本です。

一見、ブランクスルーに見えるロッドも、実はグリップ内ジョイントが多く、
重くなっていることが多々あります。

NOMADは、グリップもセパレートですので、スピニングに関しては、
ブランクス以外は、ほぼリールシートのみの重量となっております。

ガイドも従来の物より15%ほど軽い新製品になってますしね。

そうそう、ガイドセッティングにも拘っています。

スピニングガイド


一番手前のガイドには、ダブルフットのKガイドを使用し、
2番目と3番目でラインのバタつきを抑え込み、
マイクロガイドへと続くこのセッティングは、PEラインで飛距離アップとトラブル回避を前提としています。

そして、強さも兼ね備えています。

因みに先日、琵琶湖にて揚げた60UPも掛けたのが漁礁であったため、
潜られるとOUTな状況でも、リーダーを全く擦れさせる事無く釣り上げました。
(※参考NOMAD S-63L)


謙太郎


ロッドは、見た目や使用感でも好みが分かれると思いますが、
唯一無二のNOMADスタイルに共感できる「そうそう」や「そう思うよー」と
思っていただけた方は、是非、使ってみてください!!

皆様の「満足の一本」と、なることを願っております。

それではまた。

それから、ご質問等ございましたらお気軽にお声がけください!!





TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。